2011年08月16日

万願寺とうがらし

 旬は春から初夏やそうやけど僕にとっては夏野菜のイメージが強い万願寺とうがらし。
  P1050570.jpg

 網で焼いて醤油と鰹節で食べるのが昔からのやり方やけどうちではこれ。
 フライパンにごま油を熱くして焦げ目が付くように焼く。
 そこに濃い目の麺つゆを入れてさっと煮る。
 じゃこを入れるとええねんけど今回は在庫が無かったので。
 熱いのも美味しいけど冷たくしていける。

posted by かわちゃん at 08:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそうやなあ〜。
こういう、シンプルなんは、意外と難しいと思うねん。
今年の夏は初めて野菜作ったから、このとうがらし炒め(うちの場合は、万願寺とうがらし、なんちゅうもんは手に入らへんから、ただのししとう)もやってみてんけど、
なんかちょっと足らんのとちゃうか?みたいなんしか作られへん。

焼き足らんのかなあ……。
Posted by まうみ at 2011年08月28日 05:35
京都では炒めずに炊くし。
割としっかりめの味付けにして色変わるくらいくったりと炊いてもええで。
Posted by かわちゃん at 2011年08月28日 06:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220581401

この記事へのトラックバック