2011年09月06日

料理本を2冊

 本屋に行くとそりゃあ種々雑多な料理本が並んでる。
 本職の料理人向けの本格的なものから一般主婦、一人暮らしをはじめる若者、
 これから厨房に立とうと言う中年男子向けまで。
 いろいろ手にとって見るけど本気で買おうというような本には出会ったことが無い。
 だからいつも立ち読みか図書館から借りて済ましてしまう。

 先日やっとこれなら買っても良いと思える本に出会いました。しかも2冊。
 一冊目は栗原はるみさんの「伝えて生きたい日本の味
  59406095.jpg

   

 タイトルを見ると本格的な和食や伝統食かと思ったんですが内容はおみそ汁、胡麻和え、
 おひたしからコロッケ、ミートソーススパゲティ、麻婆豆腐間で種々雑多。
 いわゆる「家庭料理」です。それが手抜き無しに作られてる。
 つまりちゃんと作られた家庭料理。「簡単」とか「安い」をキーワードに本にされる事
 の多い家庭料理だけど本気で家族に食べさせるならこういう風に作りたいと思う。

 もう一冊はウー・ウェンさんの「中国調味料&スパイスのおいしい使い方
  51SwniNe56L.jpg

 豆板醤を初めとして最近良く登場する中華調味料ですがはっきりした使い方がどうも
 判らなかった。
 普通の料理本は調理法や材料で括ってパート分けしてるけどこの本は調味料で括ってある。
 だから料理に対するイメージがわかりやすい。つまり応用が利きやすい。

 もともとお二人とも好きな料理人だからと言うことも有るけどこういう奇をてらわない
 料理本が読んでいても楽しい。
 ま、奇をてらう料理ばかり作ってる私が言うのもなんですが。

 で、この本を買ったかと言うと買ってない。
 そやかて高いしいつでも図書館で借りられるねんもん。

  


posted by かわちゃん at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。