2011年11月14日

B−1グランプリinn姫路 実食編2

 土曜は特に並ばずサクサクと4食食べられたのでまた行ってきました。
 まず「秋田かやき」から。
  kayaki4.jpg

 「かやき」は「貝焼き」で本来こんな風に供されるものらしいですが
  kayaki2.jpg

 さすがに器は発泡スチロールで
  kayaki.jpg

 しょっつるの出汁に比内鳥の肉団子。
 あっさりして美味しいですね。
 ただ量が少ないんでこんな時は少し濃い目の味付けにしてインパクトを
 つけたほうがええんとちゃうかな。
  kayaki3.jpg

 このキャラクター「かやきビーナス」って言うらしいですが絣のもんぺ風が
 なんともええ味です。



 次は「かほく冷たい肉そば」
 はい、今日もですわ(笑)。好きなんやもん。
  nikusoba.jpg

 今日は一味をたっぷりと。

  nikusoba2.jpg

  P1050810.jpg

 こちらはバックヤード
  Pnikusoba3.jpg

 効率よく提供するため端まで行ったテボがロープウェイみたいに針金を伝って
 元に返ってくるのがよく考えられてました。

 昨日は思わなかったけどネギの味が後口に残りすぎかな。

 次は昨日覗かなかった同時開催の姫路食博へ。
 「淡路島牛丼」と「あわじ島バーガー」の行列の間にぽっかり明いたエアポケットの
 ように(笑)待ち無しの「淡路島ぬーどる」
  awaji2.jpg

  awaji.jpg

 あわじ島ぬーどると言うのは手延べそうめんと同じ手法で作られる手延べ麺で
 そうめんより太くうどんより細い。その上に牛丼の具と温泉卵をトッピング。
 
 太さと製法から五島うどん風の麺を予想してたけどもっとスパゲティー寄り。
 なんか中途半端で出汁で扱うには合わんような気がする。
 
 本来は淡路島の「御食国プロジェクト」で島内の飲食店がそれぞれの
 あわじ島ぬーどるを作ってるようなんでそちらを食べてみたいな。

 最後は「ひるぜん焼きそば
  hiruzenn.jpg

  hiruzenn2.jpg

 実はこれは私が食べたんじゃなくムスメの昼食用のお土産。
 ムスメの感想は「お肉硬いし、お父さんの作る方がおいしい」。
 確かに見た目は普通の屋台の焼きそばとかわらんし。

 それが一位になったようでびっくりしたわ。

 どうやら肉が硬いのは「ひね鶏」やかららしい。
 味も味噌味やったらしいしもう一度チャレンジしたいな。

 


posted by かわちゃん at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1000円チケットで買うみたいやけど、1食は300円くらいなん?
いくら少量でも、食べれるのは3〜4食位やろな・・・

だから、人気投票言うても、わからんな・・

なあなあ・・・かほく冷たい肉そばおいしそうなんやけど、それって冷たいのがいいの?
あったかいのは、あかんの?今からはあったかいほうがええんやけど・・・

ひるぜん焼きそば・・ほんと見た目普通ジャン|〜味に大きな差があるんかな?
やはり、ひるぜんから大型バスきたんちゃう?

三重の亀山みそうどん、津ぎょうざ、四日市とんてきは食べませんでしたか?

Posted by ろば at 2011年11月15日 10:45
年中冷たいまま、何しろ「冷たい肉そば」なんやから。

割と列が長かったんで食べませんでした。
Posted by かわちゃん at 2011年11月16日 08:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。