2013年03月16日

ホットサンドとトーストサンド

 私はホットサンドも好きだけどトーストサンドも好きです。
 サンドイッチを作るときは必ずトーストです。
 6枚切りをこんがりトーストして野菜をどひゃっと挟んでかぶりつくのが好きです。
 そこでトーストサンドとホットサンド、どう違うのか比べてみた。
  IMG_1666.jpg

  どちらもパンは4枚切りを半分にスライス。具はハム、レタス、チーズ。
 マヨネーズとディジョンマスタードを塗ってます。
 重ねる順番も一緒にしてます。
 レタスをどっさり入れてるので挟む前はこんな感じ。
  IMG_1663.jpg

 一枚目の写真が出来上がりですが、ボリューム感が違いますな。
 どちらにもそれぞれの良さはあるんですが表面のサクサク感はもちろんホットが上。
 表面にサクサクの層がある感じ。トーストの方は「ザックリ」かな。
 それにホットのほうが耳がさくっとして食べやすい。
 安いパンなんでトーストだと耳が硬い。
 
 一番の違いはチーズのトロリ感。もうこれだけでホットのほうの勝ちかと(笑)。
 この写真見ると良くわかる。
  IMG_1665.jpg

 ただ、当然レタスにも火が入るのでしんなりする。
 これは好みかもしれないけど僕はしゃっきりしてるトーストの方が好き。

 美味しさと言う点ではホットサンド。
 しかし、大口を開けてかぶりつくトーストサンドのボリューム感も捨てがたい。
 そのときの気持ちと具材でどちらを選ぶかやね。





【関連する記事】
posted by かわちゃん at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ホットサンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。