2013年10月28日

洛二神(8/5追記)

 これからある程度行った回数の多い店のまとめを作っていこうと思います。
 以前の記事と重なりますが自分用の覚書なんでご容赦。追記もしていきます。

 天満近辺では一番行ってる「洛二神
  IMG_2299.jpg
 
 店頭に「魚系」の提灯があるように魚系スープの筆頭店です。



 
  まずはスタンダードの「和風中華そば」700円
  洛二神@和風中華そば.jpg  
 今までの乾物類を使った魚出汁ではなく生魚あるいは生干しを使っていると思われる。
 煮魚の汁をスープに混ぜたような風味。悪い意味での生臭さは無く美味しい。

 「和風中華そば 塩味」750円
  洛二神@和風中華塩.jpg
 和風中華そばをただ塩味にしただけとは思えないほど魚風味が強い。
 麺の下にアオサが埋め込んであるがこの磯臭さがより魚風味を強くしてる。

 「イワシ醤油」700円
  洛二神@イワシ醤油.jpg
 名前の通りイワシ!!です。後口は完全に煮魚。
 しかし決して生臭さはない。このあたりがこの店のすごさか。

 「2004年式中華そば」700円(10食限定)
  洛二神@2004年式中華そば.jpg
 名前の通り昔のスープの復刻版で鶏魚介スープ。
 メニューにはこってり目」となってるけどそれほどこってりだとは感じない。
 和風中華に比べれば魚風味はおとなしいが鶏とのバランスが良くておいしい。
 これが一番一般受けするかな。

 ここまでの汁そばはみんな同じ細麺ですがきちっとエッヂが立ってて最後まで伸びず
 非常に美味しい。

 「魚濃つけ麺 熱盛」900円
  洛二神@魚濃つけ麺熱盛.jpg
 つけ麺はあまり食べないんだけれどあつもりに工夫があるんで食べてみた。
 写真では鰹節がかかって見えにくいけど熱い麺の上には卵の黄身が載ってます。
 それを急いでまぜることで麺が付かないようになってます。
 全卵でないんでうどんの釜玉のように卵が前面に出てこずええ感じです。
 スープは名前の通りガツンと魚味、鯖(多分)の切り身が沈んでます。
 チャーシューが載ってるんですが余計なような気がする。

 「ネギ塩つけ麺」800円
  洛二神@ネギ塩つけめん.jpg
 この店は定番以外にその時期だけの限定麺がよく登場する。
 7月はこれで限定5食につい注文してしまったがこれはダメだった。
 スープに焼肉屋の油たっぷりの塩だれ風が入ってて完全にその味になってしまってる。

 2014/8/5追記(行ったのは7/29)
 冷やし中華そば(700円)

  洛二神@冷やし中華そば.jpg

 かきっと冷えたスープに細麺。とてもおいしいけどキムチの味でどうしても
 平壌冷麺とかぶってしまう。



  

 
 
 
 
     
タグ:洛二神
posted by かわちゃん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン(店) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378772640

この記事へのトラックバック