2014年08月20日

そうめん

 子供の頃は夏休みの昼食と言えばそうめんでした。
 龍野が近くなんで「そうめん=揖保乃糸」
 お中元に荒木箱入りをもらってたんでなんぼ食べても無くなりません(笑)。

 「揖保乃糸」と言うのは兵庫県手延素麺協同組合の登録商標で規格に合った
 ものだけがそう呼ばれます。

 なら、それ以外の物とどう違うのか比べてみよう。

  IMG_4596.jpg

 右が揖保乃糸上級品、左が姫路市内の会社で作ってる普通のそうめん。
 値段は揖保乃糸が一人前(100g)85円、普通のが55円くらい。

 裏の商品表示を見てみましょう。

  揖保乃糸

  IMG_4598.jpg

  普通の

  IMG_4597.jpg

 まず名称が違いますね。「手延べそうめん」と「そうめん」
 「そうめん」は機械打ちですね。
 材料も揖保乃糸には食用油が入ってますが普通のには入ってません。
 手延べそうめんは表面に食用油を薄く塗って細く細く伸ばしていくんですね。
 ちなみにJASで「そうめん」とは太さが1.3oまでの小麦麺のことで揖保乃糸は
 0.7〜0.9oです。

 麺を比べてみましょう。

  IMG_4599.jpg

 左が普通の、右が揖保乃糸。見た目ではわかりません。

 茹でてみると。

  IMG_4600.jpg

 これははっきり違いますね。
 左の普通のに比べて右の揖保乃糸は少し黄色くて透明感と艶がありますね。
 食べるとコシ、ツルツル感ともに圧倒的に揖保乃糸が上です。

 普通の方はちょっと置くと団子になってしまいます。
 店でそうめんを注文するとミカンやサクランボが載って水に泳がしたものが出て
 来ることが有りますがああせんと食べにくいからかも。


 揖保乃糸にはそうめんの他に中華麺もあるんですが、一見いわゆる棒ラーメン
 と変わりませんが食べるとこれも別物、ぜひ食べて見てください。

 一枚目の写真、左のパッケージに「古」「厄上がり」とありますがこれは一年物の
 ことです。普通そうめんは秋から春にかけて作りその年のうちに出荷するものを
 「新物」、一年倉庫で熟成させたものを「古(ひね)」と呼びます。コシと舌触り
 が良くなります。

 そうめんの茹で方ですがたっぷりのお湯で1.5分〜2分茹でて冷水にさらし、もみ洗
 いをします。ぬめりや油臭さを流すため本当にしっかりもみ洗いをしてくださいね。


 

 

 

 
posted by かわちゃん at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチもね、毎年揖保乃糸が届くんよ
黒帯がついてるおそうめんね。

先日、嫁に行った娘が、
「ちょっと違ったおそうめんを食べてみたいわ〜」って、
それで、違うのを食べて見たそうだけど、
「やっぱり、揖保乃糸にするわ〜」だって

いただきものだから良いけど、自分だったらどうするかなぁぁ〜
Posted by 小町 at 2014年08月21日 23:46
>黒帯
ええやつやね、今度赤と黒と食べ比べてみようか。
Posted by かわちゃん at 2014年08月22日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404029856

この記事へのトラックバック