2005年10月17日

温かい肉ごぼうそば

港屋には肉そば以外に「温かい鶏そば」という数量限定、午前中に売り切れるという人気メニューがあるそうだ。これは暖かい麺を鶏肉がゴッテリ入ったツユにつけて食べる「あつもり」らしい。
(kurakiさんから麺は冷たい、というご指摘をいただきました。食べた事無いんで堪忍してね。)

というわけで今回は肉ごぼうそばをあつもり風にアレンジしてみた。

      nikugobo.jpg



      牛肉は一口大に切り、ごぼうはささがきにして酢水にさらしておく。

いつもの麺つゆでごぼうを煮て柔らかくなったところで牛肉を一枚ずつ入れて煮ておく。
一度水で締めたそばを暖めどんぶりに盛りゴマ、海苔も盛る。おわんに浸けづゆを肉ごと盛り、彩に青ネギを飾ったものが上の写真です。

このままではそばをつけられないので肉を一時そばの上に避難(笑)。
肉、そばをつかんでツユにつけて、アグリ。

う〜ん、なんだかなぁ。

確かにごぼうはささがきにした甲斐あってツユに味が出てるんだけど歯ざわりが悪くなってるし、肉はなんだか中途半端な味やし。
石垣ラー油入れてもなんか締まらん味やわ。

何より「冷」で感じたそばの甘さがぜんぜん感じられません。

肉そばの美味しさって濃い肉やツユの味を割って出てくる「そばの甘さが」が肝心なところ見たいですね。

「ネギ肉そば 温」は卵入れなければ普通に食べられるんですが、はっきり言ってこのレシピはボツです。

もうひとつ違う「温」のレシピ考えてるねんけどどうしょうかな。
posted by かわちゃん at 14:12| Comment(3) | TrackBack(1) | プロジェクト肉そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鶏そばですが、僕は去年の冬に何度か食べましたが、そば自体は肉そばと同じで冷たいままでしたよ。で、ツユだけが熱いんです。
僕の印象だと、冷たい肉そばのほうがツユの甘みとか旨みがストレートにでてきますが、鶏そばのほうは肉そばよりもやや優しい感じで味のインパクトにはかけていました。どちらかというと鶏そばは寒い日に温もるために鶏の旨みがでた温かいツユに蕎麦につけて食べるちょっと鴨なんば的な要素が含まれています。
少なくても僕的には肉そばのほうが好きですね。
Posted by kuraki at 2005年10月22日 00:17
>そば自体は肉そばと同じで冷たいままでしたよ。

そうなんですか、「温かい」という言葉で麺も温かいもんだと思い込んでました。

>冷たい肉そばのほうがツユの甘みとか旨みがストレートに・・・

やっぱりそうですよね、実際に食べた方に裏づけしてもらってよかったですよ。
Posted by かわちゃん at 2005年10月22日 08:27
こんばんは★トラバさせて頂きました。
よろしければ当方のブログに遊びにきてくださいね★
Posted by 正衛門 at 2006年04月12日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8251271

この記事へのトラックバック

そば処港屋の鶏そばと肉そば@東京・西新橋
Excerpt: ぶらりと自転車を走らす。 いけないとはいえ、車道を我が物顔して走るのが好きなおれ。 この日も田舎の族ばりにパラリラパラリラ♪と今にも鳴らしてしまいそうな面持ちと速度で走っていた。 東京都港区。世..
Weblog: 己【おれ】
Tracked: 2006-04-12 17:12